a0025778_13505804.jpg
一昨日ブログさぼってしまったので、本日ダブルヘッダー。
猫に引き続き、こちらも黒白のもの。

フライターグから昨年いろんなモデルが消え、そして新たなモデルが続々と出現した。
個人的にはその入れ替わりに少しなからぬ目まぐるしさを覚えながら、当店らしいF選択がさらにできていると思う。

FREITAG=Messanger Bag
そこは僕のみなならず、このお店に足を運んでくれているお客さんの根底にあるイメージだ。
メッセンジャーバックとしては中くらいの大きさであるこのDragnet(ドラグネット)
このモデルを含む創設されてから生まれたクラシックラインと呼ばれるものたちはどうか永続モデルであってほしい。
a0025778_16091605.jpg
白ベースに茶目っ気のあるタイポグラフィもたのしい。
a0025778_16093789.jpg
コンゴ人的カラーリング?
これからの涼しげな仙台の太陽の下、フィーリングが合いそうな一品。




by antiqueshow | 2016-04-22 14:06 | Trackback

a0025778_13280599.jpg
白黒でごま塩足の猫「小鉄」と暮らし始めてもうすぐ4年が経過するが一行に懐かない。
奥さんの連れ猫なのでまあ猫らしいと言えば猫らしく、そっけない感じも愛着が湧くようになってきた。
この写真もズームで取らせてもらった貴重な一枚で、彼と僕には一定の日常の距離感がある。

猫に学ぶことは多い。

いたい所にいたい人としかいない。

それが猫というものだと最近感じ、教えてもらったことだ。

張詰めていた神経が少し和んだ気がした休日の夕方。






by antiqueshow | 2016-04-22 13:36 | Trackback