<   2017年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

長文

書いてて、一旦保存してたんだけど消してしまった。

「まいいか」と想って。
長々しててやだなと、馬鹿っぽいと感じて。(まあ馬鹿なんだけども)

好きな人とお仕事したい。
ずっと好きだった人(今でも)とはもっと話して逢わなきゃと想った。
より人と人から人へっていう意識は尋常じゃなく強くなってきてて。
わがまま言うと、想像性が高くて捻くれててお酒吞める人。

それだけーかな、ざっと書くと。
でもそんだけで十分かなみたいな。
短文で失礼。




by antiqueshow | 2017-02-22 18:16 | Trackback

Arne Jacobsen


デンマークを代表する建築家、アルネヤコブセンが1937年に手描きで生み出したタイポグラフィー(文字)
そのA~Zまでのアルファベットが縁にプリントされたメラミン製のうつくしい食器がとどきました。
可愛さもあり品もある久々にブルっ!としたものを見た気がします。

陶器などと違い、幼いお子様用としても安心お使い頂けますね。

a0025778_14111630.jpg
a0025778_14234449.jpg


メラミン ディープ プレート
サイズ:直径17cm


a0025778_14130180.jpg


a0025778_14132500.jpg

メラミン プレート
サイズ:21cm


a0025778_14134334.jpg


a0025778_14140503.jpg

メラミン ボウル
サイズ:直径11cm高さ5cm

a0025778_14143819.jpg

以上すべて1500YEN+TAX

パッケージもご覧にようなアルファベットが印刷されたものをご用意しておりますので贈り物としてもおすすめ!
ご自宅用に.....と思って僕はすべて今日購入したので明日から楽しみです。ぐふふぅぅ。

注意/ メラミンですので電子レンジは使用できません。


こちらの商品を通販ご希望の方は恐れ入りますが、022-266-0772まで直接お問い合わせ下さい。
もしくはantiqueshow@rumina-kawashima.comまでご不明な点などご遠慮なくお聞き下さいませ。

営業時間:11:00~19:00
無休




by antiqueshow | 2017-02-21 14:32 | Trackback

Dick Bruna

a0025778_16444171.jpg


お店に着いてすぐパソコンを立ち上げるとウェブ上のニュースに訃報を見つけた。
ブルーナの世界観(シンプルで奥深い)がとても好きで少しずつ収集したものが自宅に点在している。
いなくなったのは訃報な知らせであることは間違いないけど、正直僕の中では「ありがとう」が一番先に出てきた。
40歳のおっさんだけど、、ナインチェ(ミッフィー)見ると、ちょっぴりだけど毎回リラックスさせてもらった。

そんなわけでブルーナ、ありがとう。
6年前、逢いにユトレヒトへ行った数日が今も愛おしい想い出。
R.I.P

by antiqueshow | 2017-02-19 16:58 | Trackback

a0025778_15264459.jpg


確か5,6年前?かな..沢山の人たちに惜しまれつつ閉店したカレー屋が近所に存在した。
無論カレーも格別に美味しいし、オーナー夫婦の人柄(って言う程、とても仲良かったわけでもないけど、滲み出るそれよ)

確か古着とか上手に着こなすおしゃれ夫婦。
かわいいお子さんもいて絵になりそうな人たちだったな。
ありきたりの言葉だけど、本当に僕は想ってたわ。

仙台の昔ながらの飲食店が犇めき合う横町の一角にそのカレー屋「Gokochi」はあって、
2階建てのお店は小さかったけど心地よくて何だかすんごくホッとする空間だった。
常連とまではいかないけど、僕も定期的に行けるときはランチに出かけていた記憶が今でも懐かしい。

そのうち、またカレー食べれるといいのに。
とニンマリ妄想しながらえっさえっさ今日も仕事。

オーナーさん夫婦がひょっこり顔を出してくれるなんて1%もなさそうな可能性を奥底で期待して
続けていこう、店を。ハプニングプレイス。
メイク アンティークショー ハプニング エブリデイ

by antiqueshow | 2017-02-17 15:53 | Trackback

a0025778_18475103.jpg

数年ぶりぶりにDESIGN HOUSE STOCKHLMの巻物たちを販売することにした。
毎年秋冬、特に冬場になると店頭やメールなどで取扱いの有無の問い合わせをチラホラもらっていたし、
何より..
今年の限定色がPINK!ってこともあってPLEECEを再投入しちゃう。
毎年毎年ではなく、ちょっとブランクを入れる
何よりそのことで自分らが新鮮だし、そういう「間」いいねってことで。

まさかの今回そのPLEECEではなくて!(こちらはまたおってすぐ投稿する予定)同じDHSからリリースされる素材違いで、
ボリューム感のあるCurly Scarfもオーダーしてみた。これ、一目で気に入ってしまった一目惚れ発注ってやつでして。
PLEECEを見にショールーム的なところにお邪魔してたらば、「これ新作なんです」って言われたものがこれだった。

ほら、
やはり実際足を運ぶと拾えるよね、予想外のモノや情報。
こういうことがあると展示会という名の出張もたのしいものになる。
まあ、ほぼここぐらいだったけど。
いやーこれとてつもなく気に入った。

色はブラック、ブルーの2色のみ
素材:ポリエステル
価格:予価7,500YEN(税別)
デリバリー:9月初旬前後/輸入品のため、多少納期が前後したり入荷数が変更になる可能性は十分あり〼。

っていうお知らせ。先過ぎるー。

でもこれは2色買いだ。うん。
ちゃんと届きますようにー。
a0025778_18493064.jpg


by antiqueshow | 2017-02-15 16:13 | Trackback

Doの箸置き。

a0025778_12112402.jpg

今までありそうでなかった箸置きでしたが、Doシリーズのものを紹介します。
いつも食卓に小さいけど、品のあるアクセントを加えて楽しませてくれそうな箸置き。

さりげなくついた傾斜が箸を置き易くしてくれますね。
もちろん、Doシリーズの食器との相性も宜し!ですが、白なので他の柄ものや和洋に溶け込みます。
ギフトボックス付ですのでお箸とセットで贈り物としても!

Doの箸置き

a0025778_12114684.jpg


by antiqueshow | 2017-02-13 10:20 | Trackback

BANK

a0025778_14024585.jpg

ソールは天然ゴム入りスポンジが入っており、かかとへの感触が「ふわふわ」
程よい弾力と滑り止めがしっかりしているのでスリッパで歩くときの「パタパタ」音が出ません。

自分用と来客用にと僕も揃えました。
通年通して人気者スリッパBANKがおすすめです。

a0025778_14042279.jpg
サイズは24~26cmまでとなり、男女共におすすめできるデザインです。


a0025778_14034954.jpg

光沢感のある合成合革なので汚れがついてもすぐに落とせ、衛生面にも優れてますね。
そしてシックな印象を与えるのでいろんなインテリアに合う風貌です。

a0025778_14045770.jpg




by antiqueshow | 2017-02-12 11:58 | Trackback

Topping tassel

a0025778_13555679.jpg

AquviiのTOPPING TASSEL
お持ちの靴にトッピング(着けられる)するタッセルが人気。
靴の表情が一変しておもしろい!

a0025778_13562063.jpg


by antiqueshow | 2017-02-11 13:59 | Trackback

BUMPER & BOOKLET by FREITAG

a0025778_12155662.jpg

i phone6&7に対応したケース、BUMPER
選び甲斐のある充実度して〼
その中からひとつだけ...SUICAカラーを発見したのです!

a0025778_12185219.jpg

そしてBOOKLET
先ほどのBUMPERとBOOKLETカバーがひとつで二つになったもの。
両方共に大変人気モデルにつきほんとうに〜お早めにどうぞ。





by antiqueshow | 2017-02-11 12:20 | Trackback

出張。

予定通り展示会のため東京出張へ。今回は珍しく泊りだった。
すてきな夫婦が住むすてきなメゾネットにホームステイした。
ここに泊れなければ日帰りは確実だったが、あるようで?ない?積もる話をしたい!
と思って楽しみにしていたものの...早朝からの移動で眠気が襲ってきたこともあり、
申し訳ない程何一つまともに話せてなかったのでは?と少し帰りの新幹線で反省してきた。笑

正直いろんな「物」をはじめ、いろんな人に逢い過ぎてうまく頭の中が整っていない。
時間が経てば整うものが多かったが、ここ数年なかなか出逢えていない。少しずつ減ってきたなと感じる。
毎回この感じもどうかなと思っていたので、自分の中では今回で見納めの展示会もいくつかあった。
ここらで一旦休んでみよ、と。
十分に分かったからいい!ではなく、離れて見えるものがあるはずだなと思えてならなくてそう決めた。
年に2,3度は行っていた展示会だが、今後はあって年1ぐらいになるだろう。

その代わりにオリジナルの開発や、海外の展示会など(今夏辺り)に目を向けていきたい。
まずはそのために今日をよく行きたろ。









by antiqueshow | 2017-02-10 16:46 | Trackback